不動産売買で覚えておきたい徒歩所要時間について

一戸建てやマンション、アパートなどの不動産購入を考えている方は、インターネットや情報誌などを活用して物件を探していらっしゃると思いますが、その際 に「駅まで徒歩5分」といった情報が記載されていることがあります。この情報は不動産売買では重要な項目でもありますが、どのように時間が決められている のか疑問に感じる方は少なくないです。
こちらでは徒歩所要時間について説明しています。

徒歩所要時間とは

「駅まで徒歩5分」といった情報は不動産用語では徒歩所要時間と呼んでおり、駅から物件まで歩いて移動した時にかかる時間のことです。この徒歩所要時間は 算出基準が定められており、1分で80mを基準としています。この計算に基づいて時間が計算されており、駅まで徒歩10分と記載されている場合は、駅と物 件までの距離が800mあると判断することができます。

ここでポイントが2つあり、1つ目が駅やスーパーが目的地に設定されている場合、駅やスーパーの出入口ではなく敷地内の一番近い所がゴールとなる点です。 2つ目が目的地までの時間に横断歩道や踏切による待ち時間が含まれていない点であり、徒歩所要時間には待ち時間を含めなくてもよいと定められています。

徒歩1分で80mとなった理由

上記で徒歩1分で80mを基準に時間が計算されていると説明しましたが、基準がどのように決められたのか疑問に感じる方もいらっしゃると思います。この基 準は健康的な女性がハイヒールを履いた状態で、1分でどれぐらいの距離を歩けるか実際に確認して決められたと言われています。その時の計測が平均で分速 80mだった為、1分で80mという基準ができたのです。

アクセスホームでは宇都宮市不動産売買を行っており、数多くの不動産情報を取り 扱っております。シングル向けの物件やファミリー向けの物件、ペット可の物件や敷金礼金0円の物件など、お客様のご要望に合わせた物件をご提供いたしま す。不動産売買を宇都宮市でお考えの方、宇都宮市で一人暮らしや単身赴任のための物件探しをされている方はお気軽にご利用ください。